Main contents


☆主なコンテンツ
1、新着論文 2、論文概説 3、コラム 4、本のレビュー 5、雑記(PC・研究関連)
6、気になった一文集(日本語English) 7、日記(日本語English

2012年12月9日日曜日

サンフランシスコからモントレーへ行く方法:エアバスを使ってみる

12/2-7とアメリカ地球物理学会(AGU; American Geophysical Union)に参加していました。
今回はポスター発表。
学会の模様はそのうち英語で頑張って書きたいと思いますが、今回は12/8(土)の余暇を利用して行ったモントレー(Monterey)への行き方について紹介したいと思います。

サンフランシスコからモントレー間は実は200kmも離れているために行くのは案外大変です。前日まで旅行の計画を全く立てていなかったために、通常ならばバスツアーなどで楽に行くところを電車の乗り継ぎ・バスの手配などから考えるハメになってしまいました。

ツアーを事前に予約していれば問題ないことですが、万が一前日の、しかも’夜に’モントレーに行きたい!と思いついた奇特な人がいた時のために情報をシェアしておきます。



何故僕がそこまでしてモントレーに行きたかったのか…

それは



モントレーベイ水族館(Monterey Bay Aquarium

があるからなんですね。

ジャイアントケルプの森で知られるモントレー湾ですが、海生ほ乳類の宝庫でもあり(港にはアシカの鳴き声がこだましているし、ラッコの姿もちらほら!)、そこに1985年に設立されたモントレーベイ水族館は世界的にも有名な水族館の一つです。
海洋酸性化・汚染ゴミなどの環境問題のアウトリーチ活動にも積極的に取り組んでおり(AGUでも発表していた)、実際に訪れてみてその熱意を実感しました!


子供向けの展示が多く、客層も僕が行ったのが土曜だったということもあるかもしれませんが、9割方小さな子供の家族連れでした。日本と違ってカップルの姿はあまり見受けられませんでした。
なので是非家族で行くことをお勧めします。もちろん僕みたいな水族館好きは一人でも気になりませんがw


さて、旅行計画の話に戻りますが、前日の夜モントレーに行こうと思い立った僕はまず’地球の歩き方’を開きました。
そこにはいくつかのバスツアーが紹介されていますが、ネットで調べてみたところ、やはりツアーの予約は2日前で閉め切られており、予約することができませんでした。

他にバスを利用する方法もありますが、乗り換えが面倒。
アムトラックという列車を利用する方法もありますが、やはり乗り換えが面倒。
AGUに参加したことのある先輩がバス・列車で行く方法を考えて、結果的に断念したという話を伺っていたので、第3の選択肢を検討しました。

それは「サンフランシスコ国際空港から’エアバス’を利用する」という手段です。

サンフランシスコ国際空港の乗り場(国内&国際いずれも)からモントレーに直行するバス(というか大きめの車)があるんですね。1日11便(往復)
もともとは飛行機を利用する人をターゲットにしたサービスなのですが、結構市内からBARTを使ってくる人もいるみたいです。
僕が今回お世話になったのは「モントレー・エアバス(Monterey Air Bus)」というところですが、ネットで調べるとすぐ出てきます。予約もネットで簡単(クレジットカード・電話番号が必要)。キャンセル料は$10。


往復のチケットで$90(サンフランシスコ市内-空港間のBARTの往復でさらに~$17)。サンフランシスコ発のバスツアーだと最安値が$65くらいであるようなので、ツアーの予約が断然安いです。…が、一応最終手段ということで。

空港の乗り口はちょっと分かりにくくて僕も人に尋ねましたが、「Airporters」という看板を目指して行くと辿り着きます。一応2階ということらしいです。

乗っている時間は2時間〜2時間半。高速をただひたすら走るだけなので乗り物酔いもほとんど心配ないのでは?途中ちょっとバウンドすることがありましたがw

到着するのはモントレーの’ダウンタウン’と呼ばれる中心街。フィッシャーマンズ・ワーフの近くです。
そこから水族館へはさらに30分ほど歩く必要がありますが、僕は10:30頃に着くようにプランを組んだので、ワーフでのんびりブランチを食べ、散歩しながら水族館に向かいました。行く途中には「キャナリーロウ(Cannery Row)」と呼ばれる観光客で賑わう通りがあり、歩くだけでも楽しいです。

それでだいたい12:30に水族館着くらい。

〜3時間くらいかけてじっくり水族館を堪能(夢中になりすぎて見たかった2つのショーを両方とも見逃すw)〜

早めの夕食を16:00くらいに済ませて、

帰りは17:30にしていたので、サンフランシスコ市内に帰ってきたのは20:30頃。

平日・休日でBARTの始発の時間が変更になるため(BARTの時刻表)、計画の際には注意が必要です。



毎年サンフランシスコで開かれるAGU。学会に参加する人も含めて、モントレー水族館を訪れる際の参考になれば幸いです。